キャットフードを酸化しないように保存するには?

top画像

人の食べ物でもきちんと保存することは大切です。特に生ものには注意が必要です。これはキャットフードも同様です。水分の多いウェットキャットフードは勿論、ドライフードにおいてもきちんとした保存が不可欠です。その理由は、キャットフードの「酸化」を防ぐためです。

キャットフードの酸化とは

「酸化」とは、物質が酸素と化合する反応のことです。例えば、鉄が酸化すると赤く錆びつきます。これは、キャットフードも同様です。キャットフードに含まれる脂質が酸化すると過酸化脂質という有害な物質に変化します。悪玉コレステロールとも呼ばれ、老化や様々な病気の要因になります。

キャットフードが酸化すると

ドライキャットフードが酸化しても見た目ではなかなか判断しづらいですが、「半日以上お皿に入れている」「愛猫が匂いを嗅いで食べない」などの場合は、酸化している可能性が高いので、すぐに廃棄しましょう。見た目でベトベトしていたら完全にアウトです。

ウェットキャットフードは、見た目で色が変わっていたり、匂いが変わっていたら酸化している証です。

キャットフードを酸化させないために

キャットフードを酸化させないためには、「空気に触れさせない(空気中の酸素からの酸化を防ぐ)」「直射日光に当てない(紫外線からの酸化を防ぐ)」「湿気のある場所に置かない(微生物からの酸化を防ぐ)」ことが大切です。つまり、直射日光の当たらない湿気の少ない場所に保管するようにしましょう。そして、開封したキャットフードは容器などに移し変えて保存するようにしましょう。

容器での保存方法

ドライキャットフードは、小分けしてジップロックなどの密封できるもので保存するようにします。最近ではペット用の真空パック器なども販売されているので、より確実に保存することができます。また、フードストッカーなどを利用する場合は、容器中の酸素を吸収する「脱酸素剤」を入れるとより効果的です。

ウェットキャットフードの保存は1日まで

ウェットキャットフードの場合は、水分が多いので酸化は早く進みます。基本的にはその日に食べきることがベストですが、余った場合は、冷蔵庫に保存しておきます。但し、1日が限界なので、翌日には食べ切るようにしましょう。

キャットフードの管理は正しく

長期保存が可能なドライキャットフードでも、一度開封すると酸化は進んでいきます。直射日光に当たる場所に置いたり、キャットフードをお皿に入れっぱなしにすることはより酸化を早める原因になります。愛猫の健康のためにも、キャットフードの保存は正しくおこなって下さい。