キャットフードと人間の食事の違い

top画像

キャットフードを食べた経験がある人は少ないと思いますが、キャットフードを食べた人の感想で多いのが、「味がしない」というものです。味以外にも人の食品とキャットフードでは異なることがあります。その違いを知り、正しい知識で愛猫の健康を管理することが大切です。

なぜキャットフードは味がしないのか?

キャットフードを食べた人の感想が「味がしない」でしたが、どうして味のしないキャットフードを販売しているのでしょうか?

猫は匂いで美味しさを判断する

食べ物の美味しさを感じるのは、舌にある「味蕾(みらい)」という部分です。猫は、味蕾の数が人の10分の1しかないと言われています。つまり、人のように舌で「美味しい」と感じることは少ないのです。

猫が、美味しさを感じるのは嗅覚です。猫の味覚には、「すっぱい」「しょっぱい」「にがい」しかありません。人が「甘くて美味しい」と感じても、ネコちゃんにはわかりません。逆に、匂いには敏感です。お皿に入れたままのキャットフードに食いつきが悪くなるのは、キャットフードが劣化して風味が落ちたからです。

塩分が少ない

猫は汗をかかない動物です。その分多くの塩分を必要としていません。塩分が多いと健康を害する危険性もあるので、キャットフードには少しの塩分しか使われていません。そのため、人が食べると「味がしない」という感想になるのです。

人と猫では必要な栄養素が違う

味以外に異なるのが、栄養素です。人と猫では体の仕組みが違います。人が体内に摂取できる栄養素でも猫には吸収できない栄養素があるのです。

猫のエネルギー源はタンパク質

人のエネルギー源は炭水化物ですが、猫は炭水化物をあまり必要としません。炭水化物を多く含む穀物を肉食の猫は食べる習慣がなく、炭水化物はネズミなどの小動物に含まれるものから摂取していました。そのため、キャットフードには多くのタンパク質が配合されています。

キャットフードにはタウリンが含まれている

タウリンは、猫の必須アミノ酸のひとつです。タウリンが不足すると心機能が低下したり進行性網膜萎縮という病気になるリスクが高まります。犬は体内でタウリンを合成できますが、猫は合成できません。タウリンを直接摂取する必要があるのです。そのため、キャットフードにはタウリンが配合されています。

人の食べ物は極力与えない

人が食事をしていると甘えてくるのがネコちゃんです。しかし、人の食事には様々な調味料が使われています。調味料は愛猫の体には良くありません。また、市販のハムなどは塩分が強いので、オススメできません。

人と猫の違いを理解しよう

人と猫では味覚や必要な栄養が異なります。この違いをきちんと理解して愛猫に良い食生活を実践して下さい。

(参考URL)
キャットフードと人間の食事の違い
http://www.safestreetsfund.org/46.html
キャットフードの定義について
http://wildlife-gardening.com/annzenn.html
ランキングでキャットフードを選ぶ
https://www.inkstainedhands.com/ranking.html
キャットフードを選ぶときは原材料もチェックしよう
http://www.omnicomassociates.com/safety.html