キャットフードを小分けすることのメリット

top画像

毎日愛猫に与えるキャットフード。多くの飼い主方は、袋入りのドライタイプを愛用しているはずです。愛猫の健康維持のためには、愛猫が1日に必要な摂取カロリーに合わせた量を与えることが大切です。

キャットフードを小分けする

キャットフードを毎回袋から出して計量するのは手間がかかります。そんな時に便利なのが、キャットフードを「小分けする」方法です。キャットフードを小分けすると、計量の手間だけでなく様々なメリットがあります。

毎日正しい量を与えられる

キャットフードのパッケージには、1日の目安となる量が記載されています。これを毎回計って与えるのは、忙しい方にはまず不可能と言えるでしょう。小分けにしておけば、そのまま与えるだけですから手間がかかりません。一食分もしくは1日分を小袋に分けておけば安心です。

酸化を防ぐ

毎回キャットフードの袋から一食分を取り出すと、パッケージに空気が入りキャットフードが酸化しやすくなります。キャットフードが酸化するとキャットフードに含まれる脂質が体に有害な過酸化脂質に変化し、様々な病気の原因になります。

キャットフードを小分けしておけば、空気に触れる回数が減ります。さらに、密封できる袋や容器に入れて保存すると、より酸化の防止になります。

キャットフードの鮮度を保つ

キャットフードが酸化などで劣化すると、キャットフード自体の匂いも落ちてきます。猫は匂いで食欲を感じるので、匂いが劣化すると食いつきが悪くなります。小分けしておけば、鮮度を保つことができるので、愛猫の食欲が減退することはありません。

キャットフードを保存する便利グッズ

キャットフードを小分けにして保存する場合は、ジップロックなどの真空パックがオススメです。また、愛猫によっては数種類のキャットフードを食べている場合があります。このような時には、すべてを小分けするのは大変なので、1~2週間分が入る小さめの真空容器をいくつか用意しておくと便利です。

また、小分けとは少し異なりますが、定量ずつ取り出すことができるフードディスペンサーも手間がかからないので便利です。

愛猫の肥満予防のために

愛猫がエサを欲しがるとついあげてしまうのが親心です。しかし、きちんとカロリー計算をしないと肥満猫になる危険性が高まります。肥満予防のためにも、小分けした適量のキャットフードを与えるようにして下さい。