キャットフードを手作りするときに気をつけること

top画像

愛猫の健康維持のために「手作りキャットフード」を始める愛猫家の方が増えています。アレルギーのあるネコちゃんやダイエットには効果的ですが、手作りキャットフードを作る際に注意したいポイントがいくつかあります。

動物性タンパク質をメインにする

猫は元来肉食の動物です。動物性タンパク質に含まれる「タウリン」は猫の必須アミノ酸で、猫の体には欠かせない栄養素です。また、猫は犬と異なり体内でビタミンAを合成できないので、タンパク質から摂取しなければなりません。ですから、手作りキャットフードは、肉や魚などをメインとしたものがオススメです。

しっかりと火を通す

新鮮や魚なら生のままで与えることも可能ですが、牛肉や豚肉は鮮度を保つのはそう簡単ではありません。特に豚肉の場合、「トキソプラズマ」という寄生虫が潜んでいることがあります。トキソプラズマはしっかりと火を通せば死滅するので問題はありませんが、生のままでは危険です。

豚肉に限らず生肉は必ず火をしっかりと通すように心がけましょう。

食材に注意する

人が食べても問題のない食材でも、猫には害になるものがいくつかあります。手作りキャットフードを作る時には、以下のような食材は使用しないで下さい。

ネギ類

玉ねぎ、長ネギ、ニラなどは猫が食べると、赤血球を破壊する危険性があります。貧血などにつながるので食材としてはNGです。

生の貝類や甲殻類、イカ、タコなど

生の貝類や甲殻類、イカ、タコなどに含まれる酵素が、猫の体内に入るとビタミンB1を破壊する作用を引き起こします。絶対に生では与えないで下さい。与える場合は、加熱して細かく切ります。

その他の食材

レンコンやタケノコ、ナスなどのあくの強い野菜やジャガイモの芽なども体に害を与える危険性があります。また、ゆで卵は問題ありませんが、生卵の白身も良くありません。チョコレートも不整脈などを引き起こす場合があるので使用しないで下さい。

栄養のバランス

手作りキャットフードでもっとも難しいのが栄養のバランスを整えることです。愛猫の必要カロリーや栄養素を考慮して作ることが大切ですが、栄養士でない限り不可能に近いと言えるでしょう。もっとも現実的なのが、栄養バランスの良い良質のドライキャットフードをメインにして、手作りキャットフードは週1回ぐらいのペースにすることです。これなら、栄養のバランスを気にせずに手作りキャットフードに挑戦できます。

愛猫の嗜好性に合わせて作ろう

手作りキャットフードは愛猫にとっても嬉しいご馳走です。ですから、食材や調理方法、大きさなど愛猫の好みを見つけながら、より嗜好性に合った手作りキャットフードを作るようにして下さい。