キャットフードの計り方

top画像

キャットフードの量を毎日計って与えている飼い主の方は、そう多くはないでしょう。しかし、愛猫の健康維持のためには、愛猫の体格や年齢に合った量のキャットフードを与えるのがベストです。「面倒臭い」と思わずに、正しい量のキャットフードを与えてあげましょう。

キャットフードを計る必要性

では、なぜキャットフードを計る必要性があるのでしょうか?そのひとつは、「肥満予防」です。愛猫が食べたいままに与えていては、カロリーオーバーで肥満猫になってしまいます。また、与えている量がわからないと普段の食事の量が把握できないので、食欲が減退しても気づかないことがあります。体調管理のためにも、愛猫に合った量のキャットフードを与えることが大切です。

愛猫に必要な食事の量

キャットフードの量は、愛猫の成長ステージによって異なります。1日に必要なカロリーは、生後2ヶ月で「200kcal×体重」、4ヶ月で「130kcal×体重」、生後6ヶ月が「100kcal×体重」になります。但し、子猫の場合は、まだ消化器官が未発達なので、一回の量を少なくして1日の食事の回数を3回~4回ぐらいにします。

成猫の場合は、80kcal×体重になります。成猫は消化器官も発達してくるので、1回の量を増やして、食事の回数は1日2回~3回にします。シニアになると必要なカロリーも少なくなるので、60kcal×体重で計算します。

必要な量を計算する

愛猫が1日に必要なカロリーがわかったら、次に1日の給餌量を計算します。キャットフードのパッケージには1日の目安の量が記載されていますが、大雑把な数字なので、100gあたりのカロリー量から計算するのがベストです。

例えば、100gあたりのカロリー量が390kcalのキャットフードで見てみましょう。

このキャットフードは、100÷390=0.25641・・・で、1kcalあたり約0.26gになります。これを愛猫が1日に必要なカロリーにかければ1日の給餌量が求められます。体重4kgの成猫であれば、4kg×80kal×0.26g=83.2gになります。約82gが1日の給餌量になります。

ペットフード用の計量カップ

キャットフードの量を計るのに、一般的な計量カップを使うこともできますが、取っ手のついたペット用の計量カップがあれば、そのまま掬ってお皿に入れることができるので便利です。また、gのメモリもついているので、正確に測れます。また、より正確に計りたい方には、デジタル計量カップも販売されています。

カロリー計算で健康管理

愛猫に必要な1日のカロリーから1日の食事量を決めることは、愛猫の健康管理のためにも必要です。特にシニア猫や肥満気味のネコちゃんには、適切な量の食事を与えるようにしたいものですね。