キャットフードは冷凍しても良い?

top画像

ドライキャットフードは、長期保存が可能ですが一度開封してしまうと酸化して品質が劣化してしまいます。きちんと保存することが大切です。しかし、今や冷凍時代。ごはんやカレーなど冷凍保存する人も少なくありません。「キャットフードも冷凍保存できればいいのに」と思われる人のいるはずです。では、実際キャットフードを冷凍保存して大丈夫なのでしょうか?

ドライキャットフードの場合

ドライキャットフードは、常温保存が基本です。冷蔵庫などで保存すると取り出すとき結露がつき酸化を早めてしまいます。

常温での保存方法

1回分もしくは1日分をジップロックなどの密封できるものに小分けします。食品乾燥剤などを一緒に入れて空気をしっかり抜いて常温保存します。

ドライキャットフードの冷凍保存

開封後1ヶ月を過ぎてしまいそうな場合は、冷凍保存する方法もあります。1回分もしくは1日分を小分けにして冷凍保存しますが、注意したいのが使用する密封袋です。一般的なポリエチレン袋は、酸素を通すので風味が落ちやすく、冷凍庫内の臭いも吸収してしまいます。必ず冷凍用の保存袋を使用して下さい。さらに脱酸素剤を入れておけばより効果的です。この際は、脱酸素剤に対応して冷凍保存袋を選ぶようにしましょう。

ウェットキャットフードの場合

ウェットキャットフードは、水分が多く酸化しやすいので開封後は、その日に食べきるのが原則です。残ってしまった時は、冷蔵保存して翌日には食べきるようにします。

ウェットキャットフードの冷凍保存

ウェットキャットフードは生魚や生肉と同じです。普通に冷凍すると中の水分が結晶化して、細胞を破壊してしまいます。その結果、解凍するとだらんとした状態になり風味も落ちてしまいます。

急速冷凍がオススメ

ウェットキャットフードの冷凍には、急速冷凍がオススメです。急速冷凍は、スーパーなどで販売している生肉などに使用している方法ですが、家庭の冷蔵庫でも可能です。まずは、1回分もしくは1日分のウェットキャットフードを薄くのばします。保冷剤などで挟むのも冷凍スピードを速めるので効果的です。また、アルミプレートなどに入れると熱伝導率が良くなり、より速く冷凍できます。

正しく解凍しよう

折角冷凍保存しても、解凍方法を間違えるとキャットフードの品質や風味を損ねてしまいます。解凍は、まず1日の分を冷蔵室に移して自然解凍します。電子レンジで解凍するのはNGです。確実に風味を失くしてしまいます。自然解凍したキャットフードを常温にして愛猫に与えて下さい。

より新鮮な状態であげるのがベスト

愛猫のためには、キャットフードの鮮度が落ちないうちに与えるのが一番です。どうしても、キャットフードを冷凍したい場合は、鮮度を保ちように工夫することが大切です。

(参考URL)
キャットフードは冷凍しても良い?上手な解凍方法を伝授!
http://www.circle2circle.net/68.html
キャットフードを冷凍保存
http://www.fedc.net/12.html
キャットフードの保存方法に関して
http://www.psfn.org/hozonnhouhou.html