酸化したキャットフードを与えた時に出る影響

top画像

キャットフードも開封すると品質が劣化します。その主な原因が「酸化」です。長期保存が可能なドライキャットフードでも開封したら酸化が進むので注意が必要です。

酸化とは

酸化とは、物質が酸素と化合する化学反応のことです。例えば、金属が長く空気に触れていると酸化して、「サビ」が出てきます。野菜や果物を切ってそのままにしておくと表面が断面が赤く変色するのも酸化です。また、老化は体の酸化が原因だとも言われています。酸化は、人の体だけでなく愛猫の健康維持にも大きく関係しています。

キャットフードが酸化するとどうなるか?

酸化は様々な食品でもおこります。キャットフードも例外ではありません。では、キャットフードが参加するとどうなるのでしょうか?

愛猫の食いつきが悪くなる

キャットフードが酸化すると味や匂いが変化します。ネコちゃんは特に匂いに敏感なので匂いが変わると食いつきが悪くなります。キャットフードを長時間お皿に入れっぱなしにしておくと愛猫がそっぽを向いてしまうのは、酸化によって匂いが変わってしまったことが原因です。

体調に悪影響を及ぼす

酸化したキャットフードは、品質も劣化して栄養価も低下します。その結果、下痢や嘔吐、発疹などが引き起こされることがあります。また、キャットフードに含まれる脂質が酸化すると過酸化脂質に変わります。過酸化脂質は、悪玉コレステロールとも呼ばれ、動脈硬化の原因にもなります。また、ガンのリスクが高まり、アレルギーなどを引き起こすこともあります。

免疫力が落ちる

キャットフードに含まれるビタミン類は、酸化にとても弱い栄養素です。ビタミンBやビタミンCは、猫の体内では合成できないので毎日の食事から摂取する必要があります。酸化してしまうとエネルギーを供給したり老廃物の代謝が十分にできなくなります。また、ビタミンCとビタミンEは抗酸化物質として体を守る働きがありますが、酸化してしまうとその役割が果たせません。結果免疫力が落ちて、様々な病気を引き起こす原因にもなります。

愛猫の健康維持のために

酸化したキャットフードは、愛猫の体を害する危険性があります。お皿に入れっぱなしにしているドライキャットフードなどは、長時間放置しないで1時間ぐらいを目安に片づけるようにしましょう。

キャットフードが酸化するのを100%防ぐことはできませんが、酸化スピードを遅らせることは可能です。そのためにもキャットフードの正しい保存方法を学ぶことが大切です。

(参考URL)
酸化したキャットフードを与えた時に出る影響
http://xn--nck1bpe3d4d0i3847bdgyc.com/influence.html
キャットフードは劣化するとまずくなる?
https://www.osscensus.org/article115.html
梅雨場はドライフードがおすすめ
https://www.cobelco.org/Cartes/carteframeset.htm