ドライキャットフードの保存に適した容器とは

top画像

ドライキャットフードは、栄養バランスが良く長期保存が可能なので多くの愛猫家に親しまれています。しかし、保存状態によってキャットフードの劣化が進むことがあり、特に開封後は、正しく保存しておかないと湿気が入り、酸化してしまいます。ネコちゃんは匂いの変化に敏感ですから、劣化したキャットフードはなかなか食べてくれません。

このようなことがないように、ドライキャットフードの保存には注意が必要です。最近は、様々な容器が販売されているので、キャットフード専用の容器を利用するのも効果的です。

容器選びの3つポイント

ドライキャットフードを選ぶ場合の、ポイントは大きく3つあります。

密封性

ひとつ目は、「密封性」です。容器に外からの空気が入ると、酸化が進んでしまいます。しっかり密封できることが大切です。ジップロックなどのような密封できる袋に小分けする方法もありますが、日光を遮断し密封できるフードストッカーに入れておくとより効果的に保存できます。

除湿性

ふたつ目のポイントは、「除湿性」です。キャットフードを新鮮に保つためには、除湿が大切です。カビや雑菌が繁殖しないように「除湿剤」や「乾燥剤」が蓋にセットできるフードストッカーも市販されています。

真空性

三つ目は、「真空性」です。空気に触れなければ触れないほどキャットフードの鮮度は保持できます。真空ポンプの付いているフードストッカーなら、容器内の空気を抜いて真空に近い状態でキャットフードが保存できます。さらに、容器のボタンを押すだけで自動的に密封できるタイプもあります。

人の食材用の容器を利用する

ペットフードを食材用の容器に使っても問題はありません。密封できる乾燥食品用の容器であれば、しっかり保存できます。さらに保湿剤を活用すればより鮮度が保たれます。また、キッチンなどのコーディネートにこだわる方は、ガラスジャーがオシャレに演出できます。ゴムパッキンなどで密封性にも優れています。自分の好みにあった容器を選べばペットフードの保存も楽しくなりますね。

愛猫との生活を快適にするために

ネコちゃんは、敏感な動物です。ちょっとしたキャットフードの変化でも食欲をなくしてしまいます。常にキャットフードの保存に気を遣い、より快適なペットライフを実践して下さい。