キャットフードは冷蔵庫で保管したほうがよいのか

top画像

愛猫がキャットフードを美味しそうに食べている姿を見るのは嬉しいものです。ネコちゃんは匂いに敏感ですから、キャットフードが劣化すると食いつきが悪くなります。そのようなことのないようにキャットフードはきちんと保存することが大切です。人の食べ物などは、残ったら冷蔵庫に保存するのが一般的ですが、キャットフードの場合は、どうなのでしょうか?

キャットフードの保存の基本

キャットフードを開封すると、酸化が始まります。酸化によってキャットフードの品質や風味が劣化し、愛猫にとっては「まずい」ものに変化してしまいます。酸化を防ぐためには、大きく3つのポイントがあります。

しっかりと密封する

酸化は空気に触れることで引き起こされるので、開封後のキャットフードはしっかりとジップロックなどの密封できるものに保存するようにします。真空パックなどが出来る容器があればベストです。一食分や1日分を小分けにして保存しておくのがオススメです。

高温多湿は避ける

温度の高い場所や湿気の多いところは、カビや雑菌が繁殖しやすくなります。直射日光が当たる場所も同様に保存場所には不向きです。

常温保存する

床下収納子や食器棚など直射日光の当たらない場所で常温保存するようにします。そこで、考えるのが冷蔵庫での保存です。

ドライキャットフードは冷蔵保存はしない

水分の少ないドライキャットフードを冷蔵庫に保存すると、冷蔵庫から取り出すときに結露ができ、品質を劣化させる危険性があります。ドライキャットフードは、開封後1ヶ月以内であれば常温で保存するようにしましょう。

ウェットキャットフードは、冷蔵保存する

水分の多いウェットキャットフードは、基本的には1日のうちに食べ切るようにします。残った場合は、冷蔵庫に保存します。但し、24時間以内には使い切って下さい。それ以上保存したい時は、冷凍保存します。

(参考URL)
ウェットキャットフードの選び方
http://www.marccohn.net/008.html

基本はすぐに食べ切ること

長期保存が可能なドライキャットフードでも、開封後は1ヶ月以内には食べ切るようにして下さい。そして、正しい保存方法でキャットフードの品質を保つことが大切です。

(参考URL)
キャットフードは冷蔵庫で保管したほうがよいのか http://www.gopaintedponies.com/refrigerated.html
ドライタイプとウェットタイプ
http://www.cathtelecom.com/chapel/index.html